住宅

家を自分でデザインできる┃注文住宅を将来を考えてつくる

素敵な家を購入するために

部屋

子育てへのサポートが充実

大阪府内でマイホームを建てる時に最も重要になってくるのがどこに建てるかだと思います。大阪府内だけでも約40個もの市町村があるわけですから迷ってしまうのも当然です。ただ、もしこの中からひとつ選ぶとしたら堺市をおすすめするでしょう。とくに夫婦二人暮らし、あるいは小さいお子さんがいる家族にはピッタリだと思います。なぜ堺市をオススメするのかと言うと、大阪府内のほかの市町村と比べて堺市は子育てに対するサポートが充実しているからです。大阪府内のほかの地域にも子育てをサポートする制度はありますがそのほとんどが未就学児までであるのに対して、堺市では中学校卒業までサポートをしてくれます。さらには所得に対する制限もありません。まだお子さんがいない段階ではこのことのありがたみが伝わりにくいかもしれませんが、実際に子育てをスタートさせるとこの制度があるかないかで大きく生活が変わることを実感できるはずです。

こだわりが詰まった家に

また、マイホームにも分譲住宅と注文住宅のふたつの選択肢があることはご存知でしょうか。分譲住宅とはすでに土地の上にできあがった家を購入する方法のことを言い、注文住宅は工務店さんなどとどんな家を建てるかゼロから考えて作る方法のことを言います。一見すると分譲住宅の方が価格もお手頃で魅力的にうつるかもしれませんが、せっかくのマイホームですから思い切って注文住宅にしてみることを強くおすすめします。分譲住宅はどんな人が住むのかを想定して建てられていないのに対して、注文住宅はあなた自身のためだけに作られた世界にひとつのマイホームです。どちらの方が住み心地がいいのかは言うまでもなく後者です。さらに、注文住宅であれば細かなところにまでこだわることができますから、周りにある分譲住宅と似てしまうという心配がありません。マイホームは人生のなかでも特に大きな買い物のひとつですから、できるだけこだわりを持って注文住宅にした方が後々の満足度は高くなるでしょう。